ニュース

だんごむしさんありがとう! ばら組(4歳児クラス)

[令和2年7月21日]
 虫探しが大好きなばら組の子ども達。ダンゴ虫が園庭に出てくるようになった頃、花壇やプランターの下等をのぞいてダンゴ虫探しに夢中でした。

 そんな姿から「ダンゴ虫をばら組皆で飼ってみよう!」と保育士が提案すると、子ども達は大喜び!図鑑やダンゴ虫の絵本を見て何を食べるか、ダンゴムシのおうちにはなにが必要か等一生懸命考えながら皆で家を作り、約1か月半大切に育ててきました。
 
 毎日、ダンゴ虫の世話や観察をする子ども達。ダンゴ虫の体の様子や模様等に興味を持ち、じっくりと観察することができました。そんな観察を通して、ダンゴ虫の製作を活動の中で行いました。
 大好きなダンゴ虫を作れるということに「どうやって!?」「本当に作れるの!?」と興味津々の子ども達。まずは、じっくりとダンゴ虫の観察をしてから半分に切った紙皿に灰色のクレヨンで体の模様を描き、上から黒い絵の具を塗ってダンゴ虫を表現しました。
出来上がったそれぞれのダンゴ虫は、虫かごに見立てた大きい紙に貼り、その周りには、ダンゴ虫のお家として入れた土や石を各グループごとにクレヨンで描きました。友達と一緒に考えながら楽しんで行ったグループ製作。4グループ共にそれぞれ個性豊かなダンゴ虫と素敵なお家が完成し、子ども達も嬉しそうにしていました。

 大切に育てているダンゴ虫もそろそろ広い自然の中に返す時が近づいています。
 ダンゴ虫さん、ばら組に遊びにきてくれてありがとう!
拡大写真を表示
拡大写真を表示