ニュース

ダイナミックに泥んこ遊び! ひまわり組(2歳児クラス)

[令和2年7月2日]
 雨続きの毎日でしたが、今日は梅雨の晴れ間で久しぶりの晴天!
 どろんこ遊びをする事にしました!

「泥遊びしようか?」と保育士の誘いに、目をキラキラさせ泥んこ用の洋服に着替える子ども達。準備を終えると思い切り裸足で水たまりに足をバシャッと入れ、嬉しそうな表情を見せていました。

 その後は、足踏みをして水しぶきや感触を感じている様子。「きもちい〜い。」「こっちもふにゃふにゃ〜。」などと子ども達からいろいろな声があがり保育士も一緒になって足踏みしたり、子ども達の気付きに共感し、楽しさや遊びが広がるように関わりました。

 どんどんと遊びもダイナミックになってきて、握った泥を体につけてみたり、友達や保育士と思いっきり水の中でジャンプしてみたりと、水しぶきが顔にかかってもへっちゃらな様子でした。

 泥の感触が少し苦手な子どももいましたが、なじみの砂場で使っているスコップや型抜き、道具を使いながら保育士と一緒に遊んでいくと、泥でアイスクリームやケーキを作ったり、泥水をおたまで混ぜてみたり等、無理なく感触に触れられました。

 これからもたくさんの感触遊びを取り入れていき、全身を使ってダイナミックに遊ぶ中で、色々な発見や興味に繋がっていけたらと思います。
 
 この夏が楽しみです!
拡大写真を表示
拡大写真を表示